Pocket

shutterstock_258255056 柔らかくてあたたかく、陽だまりのような赤ちゃん。 しかし、赤ちゃんは体温調節ができません。 その為にママが着せてあげる洋服はとても大事です。   今回は、春に赤ちゃんが求めている洋服についてお話します。


春に準備しておきたい赤ちゃんの洋服   赤ちゃんは大人より何倍も肌が弱く、洋服一つで肌荒れを起こしてしまうことがあります。 過ごしやすい季節だとされている春でも、きちんと季節にあった洋服を選ばなくてはいけません。 では、具体的にどのような服を用意すれば良いのでしょうか? shutterstock_118718905 ・短肌着と長肌着 生まれてすぐに、赤ちゃんが肌を通す柔らかい素材の服です。 足をばたつかせるようになると、動きにくくて肌が擦れたり着崩れてしまうことが増えて使用されなくなるケースが多いです。 使う期間が比較的に短いので、実際に子供を産んだママさんでも使っていない人もいるでしょう。 しかし、生まれたての赤ちゃんの弱い肌でも影響を与えないような素材で作られている服です。たとえ短い期間でも、生まれたての赤ちゃんの肌を守るために着せてあげるようにしましょう。


  shutterstock_185728787 ・コンビ肌着・ベビードレス ベビー用品売り場などでは、足をばたつかせた頃からの着用とされています。 しかし、肌の摩擦を防いでくれるコンビ服・ベビードレスは新生児の頃から着せても大丈夫なのです。 多少赤ちゃんが動くようになっても、スナップで前方を固定しているのでめくれ上がりがありません。 短肌着と併せて着せると、お腹の冷えを防ぐことができます。   ・赤ちゃん用ベスト 可愛らしいデザインも多く、何よりすぐに着脱できることがベストの最大の魅力です。 体温調節用に短肌着を着せる場合もありますが、中に着せる形になるので、着脱の際に一度全部脱がせる手間がかかってしまいます。 ベストを着用しておけば場所を選ばずにすぐ着脱が可能です。


  shutterstock_110266730 ・前開きロンパース ロンパースも種類がたくさんあり、オシャレとしても機能性としても優れているので、多くのお母さんが重宝しています。 親子でお揃いコーディネートを出来るようなブランドものも多く販売されており、特別な日用に購入されるご夫婦も少なくありません。 赤ちゃんは春から夏にかけて汗をかきやすく、一日に何度かの着替えが必要になります。 デザインが豊富で通気性の良いロンパースを数枚買い、滞りなく着替えが行える環境を整えておきましょう。   ・帽子 まだ毛の生えそろわない赤ちゃんの、外出時の必須アイテムです。 冬は頭が冷えてしまうので、帽子をかぶせることが多いですよね。 しかし、夏も紫外線から頭皮を守らなくてはいけません。 通気性の良く、締め付けの無い帽子をかぶらせてあげてください。   春生まれの赤ちゃんは、「急な寒暖差にも対応できる洋服」を着せてあげることが最も大切です。 自分で体温調節ができない赤ちゃんだからこそ、重ね着をして体調を管理してあげなければなりません。 デザインが豊富なベビー服ですが、赤ちゃんの洋服は赤ちゃんを守ることが第一である事を忘れないようにしましょう。  

Pocket