Pocket

shutterstock_257057815 出産という大仕事を終えた後、多くの女性が悩まされる「産後の肌荒れ」。 乾燥がひどくなったりニキビが発生したりと、その症状は人によってさまざまです。 肌荒れの原因を知り、正しい対処で改善を目指しましょう!  


産後の肌荒れを作る3つの原因とは?

肌荒れの対処法

産後の肌荒れを引き起こしてしまう原因は、大きく分けて3つあります。 女性は強くたくましい生き物ですが、同じくらい環境の変化に弱い繊細なところも兼ね備えています。 どのような環境の変化が、肌荒れの原因になっているのでしょうか?  

 

・ホルモンバランスの変化

女性は、妊娠して出産することによって体質が大きく変化します。 産後は女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。 ホルモンバランスの乱れは肌のバリア機能や肌質にも影響を及ぼし、今まで脂質肌だった女性が乾燥肌になったり、またその逆の肌質になってしまうこともあります。 皮脂の増加がニキビの原因になったり、突然敏感肌になってしまうケースもあるそうです。 普段と同じスキンケアなのに肌荒れが治らない・悪化する場合は、一度診察を受けることをおすすめします。

 

・生活環境の変化

出産を終えると、女性をとりまく環境が大きく一変します。 育児がプレッシャーになったり、緊張感やストレス、疲労が体に溜まり、疲れが肌にも影響してしまうのです。 特に注意したいのが睡眠不足で、睡眠不足はホルモンバランスの乱れにも繋がるので積極的な対処が必要になります。

 

・便 秘

産後の女性は、多くの人が便秘になると言われています。 体質変異だけでなく、忙しさによる運動不足や偏った食事が主な原因です。 また授乳によって水分不足になり、便が硬くなって便秘に繋がりやすくなります。 便秘が続くと腸内環境を悪化させ、肌荒れの原因となってしまうのです。  


 顔の肌荒れの症状

 1. しみ
 2. そばかす
 3. カサつき
 4. ニキビ
 5. 湿疹
 6. 痒み
 7. 乾燥肌

体の肌荒れ症状

 1. 乳首が濃くなる
 2. 外陰部が濃くなる
 3. ワキが濃くなる
 4. 正中線が濃くなる
 5. 妊娠線が生じる


 

解消しよう! 産後の肌荒れ改善法

肌荒れ対処

肌荒れは、必ず原因があって発生します。 産後の環境・体質の変化が肌荒れの理由なら、少しずつその変化を改善し、あなたにとってストレスのない環境にすればいいのです。 産後の肌荒れ改善法を紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

 

・ホルモンバランスの改善

産後に乱れたホルモンバランスは、しばらくすれば元に戻っていきます。 荒れている期間は一時的なものと考え、肌に刺激を与えないよう気をつけましょう。   肌荒れを起こしている時は肌のバリア機能も衰えているので、綺麗になろうとケアし過ぎると肌荒れを悪化させてしまう恐れも。 敏感肌用のスキンケア用品で、優しく保湿するだけにとどめましょう。  

 

・生活環境に慣れる

新米ママは全てを完璧にこなそうと奮闘される方が多いですが、まずは何事も完璧にこなすことを諦めましょう。 そして一人で抱え込まず、周囲に助けを求めることを忘れないで下さい。 少し肩の荷を下ろすだけでも、疲れや肌荒れも改善されていきます。 睡眠不足を解消するためには、短時間でも仮眠を心がけましょう。  

 

・便秘改善

まずは水分不足を解消するために、水分補給を積極的に行いましょう。 喉が渇いたと感じる前に補給するのが水分不足解消のコツ。 また、適度なオリーブオイルの摂取も便を軟らかくし、排出しやすくしてくれるのでお勧めです。 また内臓の活性化にはストレッチや軽い運動が最適です。 楽しく気持ち良いと思える適度な運動で、便秘解消に繋げましょう。

 

 ママになっても妻として1人の女性として美しくありたいですよね。
出産という大仕事を終えて、「ママのオーラ」というかけがえのない美しさを手に入れています。
ママであるからこその微笑み、仕草、言葉、優しい声、そのすべてが今までよりあなたをもっともっと美しくしてくれるんです。

これからもかわいい赤ちゃんとたくさんの幸せな時間を楽しんでくださいね。

Pocket