Pocket

2cb835b255fc012bb3802fb47790c2fc-700x420

3週目のこの時期は、まだまだ母としての自覚を抱きづらい時期ではあるのですが、身体の中ではすでに赤ちゃんを育てるための準備がはじまっています。早い方だと、3週目の時点で妊娠検査薬の陽性反応が出ることもありますし、この時期からお母さんとしての自覚が徐々に芽生え始めるので、体調管理を徹底し、体温を毎日測るなどして過ごすようにしましょう。

 


ベビーグッズ・コンシェルジュの白石佳子です。

マタニティからママを対象に、育児用品の選び方や使い方講座を開催しています。

詳しく知りたい方はこちらへ


 

<胎児のこと>

●身長約1cm/体重約1g

●胎児の原型である胚芽が形成されるが、まだ人間らしい特徴はない。

●細胞分裂の時期

 神経管→脳・脊髄→心臓・血管→内蔵・筋肉


 

<ママの身体の状態・症状>

●自覚症状なし

●子宮の大きさは鶏の卵ぐらい。受精卵の着床に備えて子宮壁がやわらかく厚くなる

●身体がだるかったり、熱っぽかったり、寒気がしたりと風によく似た症状が現れる。


 

<食事のこと>

●塩分の摂り過ぎ注意

●野菜・動物性タンパク質・鉄分・カルシウムを摂る

●おすすめ献立は「ひじきの煮物」

<産院のこと>

●探し方は通院、緊急時、出産時などを考えて自宅から通える産院をおすすめします。

 


 

<アドバイス>

●体調の変化は自己判断せずに産婦人科の診察を受けましょう

●薬を容易に服用しないようにしてください

●生活習慣の見直しをします(喫煙・飲酒・偏食)

●無理のない家事・運動・仕事をしてください

 


妊娠1ヶ月目というのは、とにかく不安と高揚感で感情のバランスを崩しがちです。不安になりすぎてしまうとやはり、それがストレスに転じてしまいがちなので、なるべく定期的に産婦人科に通いつつ困ったことは何でも相談するようにし、旦那さんにもしっかり協力を仰ぐようにしましょう。

 


ベビーグッズコンシェルジュと先輩ママで作った「ラクラクふわふわバルーンオール」

新米ママでも簡単にたった30秒でお着替えできます。詳細はBabinity’sショップでご確認ください。

 

無料育児グッズ相談ができるメルマガ登録はこちら

 育児グッズ講座のご案内や様々な育児関連のおトク情報が届きます。さらに育児用品選定で迷った際、無料で相談できますので、ぜひご登録ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出産日あるいは出産予定日

(例)2016-05-05

 

 


※当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。


Pocket