Pocket

在宅ワーク

 

出産後手が離れるまでは自分でしっかり子育てしたいとの理由から、仕事を辞めて専業主婦になったママもいらっしゃると思います。

子どもが大きくなったら、また仕事復帰しよう。そう思っていても、なかなか条件に合う仕事が見つからないということもありますよね。

それならば、自分の特技を生かし自宅でお仕事をするのも1つの方法ではないでしょうか。

そこで今回は、自分の強みを生かした在宅での働き方を3つご紹介します。

 

(1)手作り品のブランドを立ち上げてみる

筆者のママ友は、大好きなハンドメイドで自身のブランドを立ち上げました。

カフェなどの棚を常時借りて商品を置かせてもらったり、単発のイベントに出店や、ネットショップに卸しています。

全ての工程を自身でやっているので、大量生産するわけにはいきませんが、なかには自分でデザインしたものを工場で大量生産しているアクティブな方もいますよ!

今は、手作り品を販売できるminne (ミンネ)や Creemaといったサイトもありますのでかつようしてみてはいかがでしょうか。

(2)自宅で塾講師

筆者ママ友は、開業届けを出し個人事業主としてECCホームティーチャーをしています。

新興住宅地であるせいか、生徒もしっかりと集まり一定した収入が見込めるそうです。

しかしホームティーチャーになるには、試験や面接、研修があり、難関を突破しなくてはなりません。

もしご自身の語学力に自信があればチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

他には、公文や学研の先生など、自宅で近所の子ども達に勉強を教える仕事って結構あるようです。

 

(3)流行りの「クラウドソーシング」でお仕事

シェフティクラウドワークスなど、ネット上で単発のお仕事を発注受注するサイトがあります。

そこには、エクセルやワードを使用した事務仕事や、経理、プログラミングやWEBデザインなどたくさんの募集が出ています。

ご自身のスキルにあったお仕事があれば、挑戦してみてはいかがでしょう?

 

継続してお仕事を頂けるようになることもあるようですよ。

 


「起業や在宅ワーク」を始める前に知っておくこと

現在、主婦をターゲットにした起業セミナーや在宅ワークセミナーが数多く開かれています。

しかし中には内容は薄っぺらいにもかかわらず、高額なセミナー料金を請求してくるものもあるようで、最近ニュースなどで話題になったのはご存じでしょうか。

セミナーに参加したからといって仕事につながるわけではありません。まずはご自身の強みであったり、どんな仕事をするのかを見極めることが収益につながるカギになるのではと思います。

そして、自宅で仕事をする最大のメリットは「通勤時間が無い」、「仕事の合間に家事などの諸用を済ませる事ができる」などが挙げられます。

しかしデメリットも当然のごとくに存在する事も、念頭に置いておきましょう。

自宅で先生をする場合には、「プライベートな空間の一部を公にすること」や、自宅で仕事をするので「メリハリがつけにくかったり」します。

在宅で仕事をしたいと考えているママは、ご紹介したことを加味して今後のご自身のキャリアを考えてみてはいかがでしょうか。

 

世の中は、テレワーク導入を進めている企業も出てきて、ママたちが仕事をできる環境が少しずつですが整いつつあります。

 

「育児や家事だけじゃなく自分自身のキャリアも考えたい!」と思っているママたちが、少しでも夢に向かって第一歩が歩めますように・・・!

 

-ライター 青木かおり-

 


【手作り品販売サイト】

minne(ミンネ)

Creema

【主なクラウドソーシング】

クラウドワークス

ランサーズ

シェフティ

 

Pocket