Pocket

夏に赤ちゃんとお出かけ

 

ついつい気分が開放的になってしまう夏。パパも夏休みをとって、レジャーの計画を立てて、うきうきしている人も多いかもしれませんね。ただし、暑い夏の日の小さい子供連れの外出には気を付けたいことがいろいろあります。

以前、Babinity’sでは、日焼け対策&虫刺され対策について取り上げていますので、今回はそれら以外の、夏の外出で気を付けることについて、取り上げたいと思います!

【過去の記事】 

「日焼け対策グッズを利用して、赤ちゃんを紫外線から守りましょう!」

「赤ちゃんの虫刺され対策で注意すること」

 


■車やベビーカーでも熱中症に注意!

 

気温が高い屋外に置いておいた車に入ると、大人でも熱気を感じる位車内は暑くなっていますよね。ハンドルやダッシュボードだけでなく、シートも熱くなっていて、もちろんチャイルドシートも例外ではありません。

 

JAFが2012年に調査したテストによると、炎天下に2時間置いた車では、サンシェード対策や窓を3cm開けた車でも、車内の温度上昇を抑えられることはできず、サンシェード対策をした車では車内の平均温度が45度、窓を3cm開けた車では平均温度が42度という結果が出ています。

また、エアコンを停止すると、わずか15分後には暑さ指数(WBGT)が31℃となり、厳重警戒~危険レベルまでに到達してしまいます。

 

炎天下でなくても、車内に幼い子供を残しておくのは、たとえ短時間であっても危険が多いものですが、そうでなくても、炎天下にあった車の十分な熱気がとれないうちに、子どもをチャイルドシートにのせることは、とても危険!屋外にあった車に乗る時には、車を涼しくし、チャイルドシートを手で触って熱くないか確かめてから乗せましょう。

 

また、夏場、地上のアスファルトなどは日差しの照り返しが強く、地上に近づくほど熱くなっています。その点、ベビーカーは地上から40センチ前後の高さなので、押して歩いている大人よりも子どもは暑く感じてしまいます。幌やサンシェードなど、日よけについての対策も大切ですが、照り返しの強さを考えるとやはり夏場の長時間のベビーカーの使用はいつも以上に気をつけたほうが良いですね!

 

チャイルドシートやベビーカーの熱さ対策としては、専用の保冷シートなどを使うと、ひんやりするのでおすすめ。冷凍庫で付属のジェルを凍らせて、シート内に入れるだけという手軽さなので、お出かけの時にはぜひ利用してみてくださいね。

 


■水の事故に気をつけよう!

 

夏は少しでも涼しさを求めて、川や海、プールなどのレジャーに出かける家族が多いですよね。そして子どもも水遊びは大好きなので、どんどん面白そうな場所を見つけてしまいます。でも気を付けてもらいたいのが水の事故。毎年、夏は子どもの水の事故も多くなっています。

 

水の事故を防ぐには、“親が目をはなさない”ことがなによりも重要。

 

小さな子どもは、バランスをくずして倒れたり転んだりしたら、自分で起き上がれないこともあります。水がある場所ではなおさら危険も増すので、目を離さずにいましょう。特に幼い兄弟がいる場合や、親がおしゃべりをしている時、河原などでバーベキューをしている時など、目が届きにくくなることもあるので注意です。

 

ライフジャケットを着せる、流れがないところで遊ばせる、水の中は親と一緒にいる、など、パパやママが協力して用心するのにこしたことはありません。水を楽しみつつ、楽しい思い出が作れるよう、気をつけてくださいね!

 


 

■遊具の“アチチ” にもご用心!

 

外が暑くて外遊びしにくい季節とはいえ、家の中だけでは飽きてしまうのが2歳児・3歳児。少しでも涼しい夕方を狙って公園に遊びに行くママもいるのではないでしょうか?

 

身近な遊び場である公園も、暑さが厳しい時には遊具が熱くなっていることがあるので注意が必要です。ブランコや滑り台、ジャングルジムなど、鉄製やステンレス製の遊具は持つ部分や座る部分が熱くて、皮膚の薄い子どもにとってはヤケドする危険も。アスファルトの舗装やコンクリート、砂場なども熱くなっている可能性があります。靴を脱いで遊びたがるお子さんもいるかもしれませんが、それも要注意です!

 

我が家では、公園で遊んだあと、自転車に乗せようとしたら座面が熱くなっていたことがよくありました。その時には持っていたタオルを敷いて座らせていましたが、肌の露出が多くなる服を着ている夏場では気づかぬうちに熱くなっている部分に触れてしまうこともあるので、気をつけていきたいですね。

 

 


今回は、夏の外出時に気をつけたいこと、3点をまとめました。いかがでしたでしょうか?これからしばらくは厳しい夏の暑さが続きます。昼間は暑くて公園は無理でも、朝まだ気温が急上昇する前の時間帯なら比較的遊びやすいはず。お子さんの生活リズムを見ながら、徐々に朝にシフトしていくと良いかもしれませんね!

 


Babinity’sは家族の楽しい思い出のために、

グッズでサポートしています。

 

夏のお出かけグッズ特集

 

Pocket