Pocket

離乳食

はじめての離乳食は「食べてくれるかしら」と心配ですね。

でも大丈夫です!最初はママ達がスプーンで赤ちゃんに食べさせてあげますが、徐々に自分で食べるようになっていきます。

まずは、楽しい雰囲気で食べる楽しさを体験させてあげましょう。

自分で食べ始めると、机の上がひっちゃかめっちゃかになることも多々あります!

 

今回は赤ちゃんが自分でご飯(離乳食)を食べるようになる時期から大活躍すること間違い無しの、離乳食用にオススメできる可愛くて機能的な食器をご紹介します!

 

 

自分で食べると、食事をこぼすことが増える!?

 

赤ちゃんが手づかみ食べや、自らフォークやスプーンを使って離乳食を食べるようになると、食事をひっくり返すことが増えませんか?

 

そこで色々ネットで検索して発見した解決方法が、テーブルと食器を固定するもの。簡単にいえば、滑り止めの効果が期待できる食器です!

 

食器がテーブルに固定されていれば、ある程度、食事がひっくり返されることを防ぐことができるんですよ!

 

次の項目では、そんな滑り止め効果が期待できる食器をご紹介します。

 

 

食器とテーブルがくっつく食器

 

■ezpz(イージーピージー)ハッピーマット

離乳食器

Edute(エデュテ)ezpz ハッピーマット/ミニマット

この食器はシリコン製でテーブルにピッタリ張り付くので、手づかみ食べが始まった赤ちゃんにとってもオススメ! 赤ちゃんが食器を倒す心配ないですし、しきりがあるので味が混ざることがありません。ランチョンマットと食器が一体型になったデザインです。

 

■Richellトライシリーズ ベビー食器セット離乳食Richell トライ ベビー食器セット

 

筆者のママ友はリッチェルのこちらの食器セットを出産祝いに頂いたそうです。最初はただの食器セットだと思っていたそうですが、使い始めたら滑り止めが食器についていたそうで、食器がテーブルの上を滑ることがなくて重宝したと言っていました。

それだけでなく、ママが離乳食をあげる初期から自分で食べる頃まで長く使えるところが良かったそうです。

他にもスプーンなどは口に入れるところは、シリコン素材で柔らかくなっているところもいいですね。

 

 

■Dovewill 滑らない蓋付き食器(ボウル)

離乳食Dovewill 滑らない蓋つき食器 (出典:Amazon)

 

こちらは食器は底の部分が吸盤になっています。引っ張ってもなかなかとれません!

今までご紹介してきた食器はフラットタイプのものが多いですが、この食器ならスープやお味噌汁だってこぼされる心配がありません! 離乳食初期はスープが主流のメニューになるので、初期の頃から長く使うことができますね。

 

お持ちの食器とくっつくマット

 

■Fairy Baby 赤ちゃん食事マット

離乳食

エルフベビー(Fairy Baby)子ども食器用滑り止め 出典:Amazon

 

正直、食器は大人用でも良いわけで、そこまでお金をかけたくないという方もいらっしゃるかと思います。こちらは、既に家にある食器を吸盤でテーブルにくっつけて使えるので、便利です。

 

いかがでしたでしょうか。離乳食が始まるとママの準備や片付けは大変です。食べこぼしたり、食べ散らかしたりすることも多くなるため、ママのストレスがピークになってしまうこともあります。できるだけストレスを感じることなく赤ちゃんとの食事を楽しむためにも、ご紹介した食器を選んでみてはいかがでしょうか。

 

子どもとの時間を笑顔のママで過ごせると良いですね!

 


Babinity’sは離乳食時期の赤ちゃんとママを、

グッズでサポートしています。

ポケットにビブとスプーンが収納できてお出かけに便利な食事用エプロン

 


 

Pocket