Pocket

 

ラクラクふわふわバルーンオール


 

冬本番の寒さになり、あたたかい屋内で過ごすことが多くなっているご家庭も増えているのではないでしょうか?小さなお子さんは部屋の中でも、外でも目を離さないことが基本ですが、この時期は部屋の中で過ごす時間が長く、暖房器具や調理用具で予期せぬ事故が起こったりもします。そこで今回は冬の時期に気をつけたい家の中での生活についてまとめてみました。

 


 

★ベビーグッズ・コンシェルジュの白石佳子です。

マタニティからママを対象に、育児用品の選び方や使い方講座を開催しています。

詳しく知りたい方はこちらへ

 


 

 

 

冬のお部屋は危険がいっぱい!?

≪暖房器具編≫

 

まず気を付けたいのは、暖房器具。特に石油ストーブは燃焼面が熱く、うっかり触ろうものなら火傷になってしまったり、大きな事故になってしまうことも。子どもの手が届かない場所にあるエアコンならば問題ありませんが、ストーブ全体を覆うストーブガードや、ファンヒーターの吹き出し口ガードなどは必須です。ただし、ガードが熱くなることもありますので、できれば子どもが触れないような場所に置くことが望ましいです。

 

日本の冬の暖房と言えばコタツですが、子どもは潜ったり隠れたりできる場所が大好きなので使う際は注意が必要です。

網部分から指を突っ込んで熱源を触る、低温火傷になってしまうなど、事故もあります。昔我が家では、ずれていた天板に子どもがよりかかった拍子に、天板が子どものほうへとずり落ちてきたことがあり、ちょっと怖い思いもしました。

 

部屋の中の乾燥対策として、ストーブの上にヤカンを置いたり、鍋を置いたりすることがありますが、好奇心いっぱいの子どもが中を見たくなったり、触ってしまうことがあるので、こちらも注意。パパやママの言葉をある程度理解しているようならば、必ず「触ると熱いよ。危ないよ」と伝えることも大切です。

 

≪調理器具編≫

温かい飲み物がつい欲しくなる冬は、ポットを用意している家も多いですね。ポットの湯や蒸気による火傷はもちろん、コンセントとポットをつないでいるコードも危険です。ひっぱったり、足をひっかけたりする可能性があるので、子どもの動線にポットとコードは置かないようにしましょう。

 

また、冬の季節の食卓には、しばしば登場する鍋や、卓上コンロにも注意が必要です。子どもは思わぬところで手を出すので、手が届かない位置に置きましょう。

 

 

 

インフルエンザも肌も、乾燥対策をしっかりと

今年も猛威を振るうインフルエンザ。実はインフルエンザは感染しやすい条件があります。それは“乾燥”。厚生労働省のホームページには

 

“空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。”

※引用:厚生労働省 平成30年度インフルエンザQ&A

 

とあります。大人だったら乾燥対策にマスクができますが、子どもは難しいので加湿器などで室内の湿度を50~60%にキープしましょう。加湿器がない場合は、部屋に濡れたバスタオルを干すだけでも乾燥対策になりますよ。

 

また、暖房器具を使う時には特に室内の換気は必要。一度暖かくなった部屋の温度をキープするために、ついつい閉めきってしまいがちですが、部屋の空気を入れ替えると大人でもなぜかすっきりした気分になりますよね?特に石油ストーブを暖房として使っている場合には、空気を少しずつ汚しているので、子どもがいる家庭ではやはり意識的に換気をしましょう。換気は空気が流れるように、向かい合った窓やドアを開けてほんの5分程度でも大丈夫だそうです。

 

空気の乾燥に加えて、気になるのが乳幼児の肌。中でも赤ちゃんの肌は乾燥しやすくデリケートなので、保湿を忘れずにしてください。私の子どものかかりつけの小児科医によると、お風呂で肌をきれい洗った後、出てからすぐ15分以内にたっぷり保湿剤をぬるのが効果的だそうです。

 

外出先&帰省先では誤飲・誤食に注意

自宅ではある程度対策をしていても外出先や帰省先ではいつもと勝手が違うので、事故にあうこともあります。タバコの誤飲や水を張ったお風呂に転落、という話はよく聞きますが、もうすぐやってくる2月3日の節分の後は、まかれた豆にも注意してください。掃除しきれずに落ちていた大豆やピーナッツなどを小さな子どもが口にして、喉や気管支に詰まらせた例があり、特に3歳未満では発生率が高くなっています。

 

ほかにも慣れていない場所では、ドアで指を挟んだり階段から落ちたり、といったことも。たくさんの人の目があるから大丈夫と思わずに、十分気をつけて見ていたいですね。

 

ライター:和田美恵

 

 


★抱っこしないと寝てくれない赤ちゃんのために!

パッと抱っこ出来て、寝かしつけのときずっと抱っこしていても腕が疲れないヒップシート型抱っこひも「ポルバン」

ポルバン

Babinity’sで好評発売中

 

 

★ベビーグッズコンシェルジュと先輩ママとで作った「ラクラクふわふわバルーンオール」

『NHK おはよう日本 まちかど情報室』で紹介されました。

おはよう日本

 

 

新米ママでも簡単にたった30秒でお着替えできます。詳細はBabinity’sショップでご確認ください。

 

 

 


 

無料育児グッズ相談ができるメルマガ登録はこちら

 育児グッズ講座のご案内や様々な育児関連のおトク情報が届きます。さらに育児用品選定で迷った際、無料で相談できますので、ぜひご登録ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出産日あるいは出産予定日

(例)2016-05-05

 


育児を頑張るママの、いつもそばにいるのが育児グッズです。

そんな育児グッズとママをつなぐために、ベビーグッズ・コンシェルジュがいます。

ママと赤ちゃんがもっと笑顔になることを願って。


 

ご利用にあたってのご注意・お願い

本記事の情報は、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報としてご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。本記事の情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも(株)スピアヘッド・プロジェクトは責任を負いかねますので予めご了承ください。

 

 

 

Pocket