Pocket

産後の食事

 

妊娠中は食べ物の好みが変わったり、たくさんものを食べたりします。

産後もその習慣が抜けず、暴飲暴食してしまう方もいるのではないでしょうか?

ここではその原因と対策についてまとめてみました。

 

食べ物の好みが変わるのはいいこと?わるいこと?

妊娠をきっかけに、今まで好きだったものが食べたくなくなったり、嫌いだったものが平気になったり、無性に同じものばかり食べたくなったりしますね。

それは味覚・嗅覚の変化がおこり、食べ物の好みが変化するからです。

これは妊娠初期にみられる生理現象ですので心配はいりません。多くの妊婦さんが食べ物の好みが変わったと感じているようです。

 

妊娠すると、女性は赤ちゃんを育てるための体へと変化をします。つわりが治まってくる妊娠中期になると、赤ちゃんの成長も著しくなり、栄養は赤ちゃんを優先して送られるようになります。そのため母体がエネルギー不足になり、空腹感を感じて食欲が高まるのです。このことから食欲が増すのは自然な事なので心配いりません。

 


 

産後も暴飲暴食?

妊娠中は、赤ちゃんのために栄養のあるものをたくさん取りいれようと、食事の量を多くしていた方も多いのではないでしょうか?

 

・なぜか産後も食べ過ぎてしまう

実は「食べ過ぎ」は産後にもよくみられる現象の一つで、人によっては妊娠中より食欲が増す場合もあります。

 

特に母乳育児中は、母乳を作り出すために多くのエネルギーが必要です。

また、昼夜問わず赤ちゃんを見ていなきゃいけないのですが、これもエネルギーの消耗が激しいため、食欲がどうしても増してしまいます。

しかし、すでに満腹なのに食べてしまったり必要以上に食べてしまうのは、健康面においても母乳の質においても良くありません

 

・なぜ食べ過ぎてしまうのでしょうか?

食べ過ぎの原因として考えられるのがストレスです。

 

・赤ちゃんの世話、生活に慣れていない

・母乳にまつわるストレス(出ない、出過ぎなどのトラブルを原因としたもの)

・母乳のための健康管理と食事制限

・パートナーが育児に参加してくれないなどの不満

・身体的ストレス(変化した身体、体重など)

・夜間の授乳による睡眠不足

・子育て中の孤独感、空虚感、疎外感など

 

産後の食事 

ストレスには個人差がありますが、多かれ少なかれ感じていた人はいるはず。

赤ちゃんが生まれ「かわいい」「楽しい」だけではありませんし、一日中赤ちゃんの世話をしていると、社会から疎外感を感じたり、孤独だと思うこともあるでしょう。

このようなストレスから逃れるためにどうしても「食」へ走ってしまうと考えられます。

 


 

暴飲暴食を防ぐために

 

・温かいお茶を飲んで一息

産後は特に甘いものが食べたくなりますが、産後すぐに甘いものを食べてしまうと、乳腺を詰まらせてしまう要因になります。甘いもの、脂質の多い食生活は避ける必要があります。温かいお茶を飲んでひとまずリラックスして、甘い食べ物から意識を遠ざけるようにしましょう。

 

・ストレッチして体の緊張をほぐす

深呼吸をしながら軽いストレッチを行い、疲れた体の緊張をほぐしてあげましょう。無理をすると体を痛めてしまうこともあるので注意が必要です。

 

・おにぎりを用意しておく

産後は赤ちゃんの生活リズムに合わせなければならないため、決まった時間に三食取ることは難しくなります。おにぎりを握っておいて、お腹が空いた時間に食べるとよいでしょう。

産後の食事

 

妊娠中も産後もさまざまな要因で食欲が増したりするようで、食べ過ぎてしまうこと自体は異常なことではありません。ですが、そのために体調を崩したりしないよう、個々の生活に合った工夫が必要です


 

ベビニティーズ ショップ

Babinity’s Shop サイトでは、ママが生き生き生活できるような、ステキな商品を多数取り扱っております。⇒マタニティからママになるまでのグッズはこちら

 

 


 

 

※もしよろしければ「シェア」お願いします。⇓⇓⇓

Pocket