Pocket

ラクラクふわふわバルーンオール


 

二人目の妊娠と初めての妊娠で決定的に違うことと言えば、上の子のお世話がある、ということですね。ママは自分の体調も気になりつつ、上の子のお世話でも忙しい…というわけで、二人目の妊娠中はとてもハードになりますね。

 

2人目妊娠

 

★ベビーグッズ・コンシェルジュの白石佳子です。

マタニティからママを対象に、育児用品の選び方や使い方講座を開催しています。

詳しく知りたい方はこちらへ

 

上の子がまだ幼い場合には「抱っこ~」とせがんできたり、急に赤ちゃん返りが始まったりと、上の子への対応も難しいところです。さらに、ママのお腹の中に赤ちゃんがいることをどう話したらいいのか、という悩みもありますね。そこで今回もベビニティーズサポーターでご自身も2人のお子さんを子育てされている和田美恵さんから「2人目妊娠で気をつけたいこと その2」と題して、2人目の妊娠中の上の子への対応について伝えていただきます。

 

 


 

「抱っこ~!」はたっぷりと

たとえ小さくても、ママの体調が悪いと、それを敏感に感じ取ってしまうのが子ども。自分の具合があまり良くない時に限って「ママ、抱っこ~」と甘えたり、わがままを言ってみたり…。ママとしては思わずため息が出そうになってしまいますが、そこはぐっとこらえて、できる範囲で甘えさせてやり、他人に迷惑をかけない範囲でならやりたいことをやらせてあげると子どもも落ち着きます。

 

立ちながらの抱っこはお腹や腰への負担も気になるので、椅子に座って膝の上に載せて、ぎゅっと抱きしめてあげるのでもOK。赤ちゃんが産まれたら、お兄ちゃん・お姉ちゃんは我慢しなくてはいけない場面もたくさんあるので、今のうちにたっぷりスキンシップで甘えさせてあげましょう。

 

 

赤ちゃんのことを知らせる

上の子が幼稚園児くらいで、自分の同い年のお友達に、既に妹や弟が生れていて、赤ちゃんを間近で見たことがあるならば、お腹に赤ちゃんがいることを話してもすんなり受け入れてくれるかもしれません。そうでない子も、ママのお腹に手をあててもらって「○○ちゃんの声、赤ちゃんに聞こえるかな」などと声掛けを。上の子の世界に少しずつ赤ちゃんとの関わりをもたせてあげることで、だんだん自分の状況が分かってくるはずです。

 

また、図書館には、赤ちゃんが産まれて主人公がお兄ちゃん・お姉ちゃんになるストーリーの絵本がたくさんあります。“赤ちゃんが家にやってくる”という楽しみな気持ちと、“不安や寂しさ”が同居している上の子の気持ちがとてもよく表現されているので、一緒に絵本を読んでみるのもおすすめです。

 

 

子供の気持ちが不安定になったら?

つわりや大きくなったお腹でママが思うように動けない時、パパや両親にお世話を頼むこともありますよね。日中は楽しく過ごしていても、夜中に泣き出したり、今まで一人でできていたトイレなどもできなくなってしまったり、ママと過ごす時間が短くなることで不安を感じて攻撃的な一面が出てしまうことがあります。中にはイヤイヤ期がさらにひどくなってしまったというお子さんもいます。

そんな時はママも心配になってしまいますが、まずは上の子の気持ちをしっかり受け止めてあげてくださいね。「お兄ちゃん・お姉ちゃんになるのだから○○しなさい」という言葉は、プレッシャーになってしまうので避けて、何かできたら「さすが!」というほめ言葉が、子どもも嬉しいはずです。

 

弟や妹ができたことで、気持ちがちょっぴりゆらいでしまうことは、今までパパとママの愛情を一身にうけてきた上の子ならではの試練ですが、「あんなこともあったなあ」と懐かしく思える日はあっという間にきます。何より、下の子が産まれてみれば、あれこれお世話をしたがったり、ママのちょっとしたお願いをきいてくれたり、それは頼りになる存在になるのですから。

 

 

さいごに

二人目妊娠時の上の子に対する対応策はいかがでしたでしょうか?甘えたり、泣いたり、怒ったり…上の子のいろいろな姿が成長の1ページであり、妊娠期間が新しい家族を迎えるための準備の時間です。自分が大切にされているという安心感は、きっと赤ちゃんへの興味や優しくするという形で巡っていくことでしょう。

どうか赤ちゃんが産まれるまでの間、上のお子さんとの貴重な時間を心身ともにおだやかに過ごせるといいですね。

 

 

ライター 和田 美恵

 

2回に渡って、2人目妊娠で気をつけたいこと(ママの体のこと&上の子のこと)をお伝えしましたが、いかがでしたか。

あっという間に過ぎてしまう2人目妊娠期間だと思いますので、ママ自身も息抜きしながら、楽しみながら過ごせるよう心がけてみてくださいね。

 

※2人目妊娠で気をつけたいこと(ママ編)はこちら⇒

 


【ベビニティーズおすすめ商品】

<おむつ替えが簡単!カバーオール>

★新米ママでも簡単に、たった30秒でお着替えできる、新生児用ベビー服

 「ラクラクふわふわバルーンオール」

ベビーグッズコンシェルジュと先輩ママが作りました!

2017年キッズデザイン賞受賞商品

 詳細はBabinity’sショップでご確認ください。

 

 ◎『NHK おはよう日本 まちかど情報室』で紹介!おはよう日本

 

 


 

<ママの体と心に優しい抱っこひも

★密着感があって簡単&コンパクトな抱っこ紐

ベビーラップタイプ抱っこひも NajellWRAP(ナジェルラップ)

抱っこ紐をたくさん見てきたベビーグッズコンシェルジュが気に入り、

日本のママにも紹介したいと、スウェーデンNajell社から直接輸入しました!

日本正規輸入元なので安心です◎     

ナジェルラップ機能

 

ナジェルラップとの出会い~発売までの経緯はこちらで紹介しています。

商品詳細はBabinity’sショップでご確認ください。

 

 ●バックルやリングが無いので、帝王切開後のママの体にも優しい仕様

 ●「国際股関節異形成協会」認定

 ●生地は「Oeko-Tex Standard 100 Class」認証

 ●2019年スウェーデン トイ&ベビー協会 赤ちゃんとお出かけ部門 年間最優秀賞受賞

 


 

 

育児を頑張るママの、いつもそばにいるのが育児グッズです。

そんな育児グッズとママをつなぐために、ベビーグッズ・コンシェルジュがいます。

ママと赤ちゃんがもっと笑顔になることを願って。

 

 


※ご利用にあたっての注意・お願い

掲載している情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報としてご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも(株)スピアヘッド・プロジェクトは責任を負いかねますので予めご了承ください。


 

Pocket